楽しい家づくりブログ

19 5月 2018

整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。その①講義の感想~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン~

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

先日、整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。

私が受けた講座は、11人の方が参加していました。

講座が始まり最初にしたことは、講師の先生から1人1本カラーマジックが配ら
れ名札に名前を書くこと。次に隣の人とマジックを交換し、名札にイラストを
書くこと。そして自己紹介をし合うことでした。
講座中にわからない事があったら、周りに座っている人同士で助け合うための
準備だとおっしゃっていました。

次に講師の先生のあいさつがあり、講座が始まりました。
講座の内容をノートに取ろうと準備をはじめたところ、「ノートは取らないで、
テキストに直接書き込んでください。」と先生から注意がありました。
「何かを調べたいときに、わざわざノートとテキストを出してきて照らし合わせ
て調べるのは面倒臭くないですか?ノートが一冊増えるとそのノートを収納する
場所が必要になりますよ。」と、さすがのご指摘でした。

 

その後、休憩を入れつつ整理収納についての講座がありました。
その内容については、今後ブログで紹介していきます。

午前中の講義が終わり午後の講義が始まると、まず席替えがありました。
「せかっくなので多くの人と交流をしましょう。」というのが先生の考え方だか
らだそうです。

その後も先生の体験談を挟みつつ講義が進み、筆記試験の時間になりました。
筆記試験自体はそれほど難しくなく、講義中にたくさんのヒントを出して下さっ
ていたため、10分という短い試験時間でも見直しができました。

休憩を挟み、演習講座が始まりました。
演習は4人一組となり協力して課題をし、他のグループの前で発表をするという
講座です。
初めて会った者同士が意見を言い合い協力し合うのはかなり難しく、意見がまと
まらないまま発表を迎えてしまい結果は散々でした。
しかし、収納に対する様々な意見交換ができ、勉強になりました。
人それぞれ考え方や好みが違うということがわかり、今後の活動の参考になりま
した。
このようにして、午前10時半から午後5時45分までの長い長い講座が終わりました。

私が講師の先生に感動したところは、休憩をするにしても昼食タイムをとるにして
も、受講者の意向を必ず確認し、みんなの意見に合わせて下さる心遣いでした。
また、休憩時間には必ず先生が持参した飴を配って下さり、10時30分から17時45
分までの長い講義時間中に疲れないように気を配ってくれました。

先生の体験談も非常に楽しく為になり、途中でたびたび襲ってくる眠気に負けず
に講義を受け続けることができました。

整理収納アドバイザー2級の資格を取りたいと思っている方だけでなく、整理収納
に興味がある方も是非受けてほしいと思える、とても楽しい講座でした。

FURUTA

 

自然素材を使った暖かい木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅 耐震 クリニック 新築リフォーム 相談 設計
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市