楽しい家づくりブログ

木の家の味わい~自然素材の色の新築から5年の経年変化~

新築から5年経過した家で撮った写真です。
床は飴色がかり、テーブルは赤味がありピンク色をしています。
板材は同時に購入した同じ大阪産の杉材を使っていて、
もともとは、どちらもこのテーブルのような色でした。

 

木の経年変化

床は新築当時からのもので、塗料も新築時に塗りました。
テーブルは余った床材を5年間積んで保管しておき、
この夏にDIYでテーブルにし、塗装したものです。
(塗料はどちらも自然塗料の、オスモフロアのクリアです。)

光に当っていた床は、経年変化で次第に飴色がかってきましたが、
積んだ状態で光に当っていない材は、ほとんど色の変化がないので、
違いがはっきりわかります。

 

自然塗装(柿渋塗装)の経年変化

下は住まい手が柿渋を段板に塗った階段の、新築時の写真です。
原液を2倍に薄めたものを2回塗りしました。

新築から5年経過して、下のように柿渋の色が深くなっています。

 

このような色味の変化も、木の家の味わいのひとつです。


byもったいないおばさん