楽しい家づくりブログ

25 12月 2017

基礎の断熱材について~自然素材の家づくり~ 大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 楽しい家づくり

寒い冬、熱い夏を快適に過ごす住まいづくりには、断熱材が欠かせません。

床下の断熱に関してお勧めするのは、床下に外気を入れない基礎断熱です。
床下も室内の一部として空気を循環させることで、
足元から室内を暖めることができ、上下の温度差を縮めます。

基礎断熱をする場合、
基礎と土台の間にパッキン(写真)を入れて密着させますが、
床下の空気は床の換気口から室内と行き来し、湿気もたまりません。 

基礎の断熱材の種類

発泡ボード系断熱材

発泡させた樹脂のボードを基礎に貼りつけるもので、
性能はさまざまですが、一般的です。

現場発泡系断熱材

現場で膨らむ材料を吹付けるもので、
性能はさまざまですが、気密性の面でメリットがあります。

炭化コルクボード

コルクに熱と圧力を加え、
接着剤を使わずに作った自然素材のボードで、
断熱性、防音調湿性、防虫性、防火性、耐腐食性などが優れています。
コストは比較的高めですが、劣化しにくく、長持ちします。

 

家に合った断熱材を選び、
高断熱の家で、暖かい冬を過ごしましょう。

byもったいないおばさん


自然素材を使った木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅設計 クリニック 新築リフォーム相談
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市