楽しい家づくりブログ

21 2月 2018

木はなぜ暖かい?~ 大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 建築はおもしろい

見て感じる、体で感じる暖かさ

無垢の木はとても暖かく感じますが、
それはなぜでしょうか。
決して木材自体の温度が高いからではありません。

常温で同じ温度の木と鉄を手でさわっても、
鉄は冷たく、木は暖かく感じます。
それは「体感温度」の違いによるものです。

 

 

材料がもつ熱の伝えやすさを「熱伝導率」と言いますが、
熱伝導率が大きいと、体から熱が奪われやすいので、冷たく感じます。

材料による熱伝導率の違い

一般的な断熱材の熱伝導率を1とすると、木材は約2、鉄は約900と、
木材は非常に熱を伝えにくいので、暖かく感じるのです。

それは、木材が無数の細胞からなり、そのひとつひとつが、
熱を伝えにくい空気を多く含んでいるからです。

また、木材も樹種によって断熱性能が異なります。
大まかに言うと、ナラやカエデなどの広葉樹は固くて重く、
やや熱を伝えやすいのに対し、
杉や桧などの針葉樹は柔らかくて軽く、より暖かさがあります。

同じ木を使っていても、合板は、接着剤の層を何層もはさんでいます。
接着剤は、種類によりますが、熱伝導率が木材の2倍前後あるため、
無垢の木材に比べると断熱性が劣ります。

見た目の印象だけでなく、無垢の木は、科学的にみても
「暖かい」のです。 

 

 

byもったいないおばさん
 

自然素材を使った暖かい木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅 耐震 クリニック 新築リフォーム 相談 設計
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市