楽しい家づくりブログ

20 3月 2018

木材の乾燥・収縮と背割~ 大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 建築はおもしろい

木の家の柱で、このような割れが入っているのを見たことはありませんか?

これは、背割(せわり)というものです。
なぜこのようなことになっているのでしょうか。

構造材などとして使えるまで乾燥させた木材でも、
施工したあと年月が経つと、少しずつですが乾燥は進みます。

その時木材は収縮しますが、収縮する率は、
半径方向に比べ、接線(円周)方向が2倍くらいあるので、
外側に乾燥割れが生じることがあります。

化粧(見えるところ)の柱でランダムに割れると見た目がよくないので、
あらかじめ割れの加工を入れ、収縮をその部分で吸収するのです。

通常は、壁などの中に隠れてしまう部分に入れますが、
独立した柱では、それが見えてきます。

背割は、貫通割れでなければ構造的には問題ありません。
伐採されても木が「生きて」いることを物語っています。

 

byもったいないおばさん

自然素材を使った暖かい木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅 耐震 クリニック 新築リフォーム 相談 設計
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市