楽しい家づくりブログ

01 4月 2018

木表と木裏~ 大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 建築はおもしろい

写真は、フローリングに使われる杉の板材を表裏逆に置いたものです。
2枚を比べると、木目(年輪)が逆向きになっているのがわかります。

丸太の外側にあたる面を木表、内側の面を木裏と言い、
左の板は木表が上、右は逆になっています。

木裏は、山形になった木目がささくれてきたりするため、
仕上や造作の材料では、木表を見える側に使います。

また、施工後にも乾燥が進んで、板が反ることがあるので、
見えない木裏の側に反りを防ぐ溝を入れてあります。

この反りは、木表の側の収縮率が大きいため、木表が凹になります。

日本家屋の敷居や鴨居は、反って出っ張ると建具が動かなくなるので、
建具に当たる側を木表に使います。

 

また、造作用の積層パネル材などでは、
写真のように、木表が表にでるように、張り合わされています。

 

byもったいないおばさん

 

自然素材を使った暖かい木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅 耐震 クリニック 新築リフォーム 相談 設計
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市