いずみのブログ

クリニック設計 with 女性建築士

住まいと暮らしを考える 源野きさこの小さな幸せブログ

フェイスブック

スタッフ ブログ

暮らしの中の困りごとを解決

住まいとくらしの、のびのび便り

CM方式(分離発注)をご存知ですか?

メディア掲載について

CM方式(分離発注)って何だろう

HOME私たちが創る ” いずみの家 ” > CM方式って何だろう

CM方式とはコンストラクション・マネジメント方式の略で ”分離発注” とも言われます。
設計・業者選定・施工監理・竣工引渡までのプロセスにおいて、建築家がコスト・行程・品質・リスクを一貫してマネジメントいたします。
コストや工法の透明化を図るとともに、 専門工事会社の経験や技量を十二分に生かすことで建築主の夢を実現いたします。

1.CM方式と従来の一括請負方式との違い

CM方式分離発注方式のメリット

建築家が建築主(お客様)との委託契約に基づき、
建築主とともに、設計・見積・工事会社選定・施工監理までを行います。
各専門工事会社とは、建築主が直接、分割請負契約を交わします。

  1. 建築に掛かる費用が各工事ごとに明確になり、全体予算の配分を建築主がコントロールできる。
  2. 建築主が各専門工事会社に発注し、直接打ち合わせできるので、要望がしっかり反映される。
  3. 施主側に立った建築家が適宜アドバイスをするので安心。
  4. 流通の壁を越えて、使用部材をどこからでも仕入れることができる。
CM方式のメリットを図で説明
従来の一括請負方式の問題点

設計から施工までを工務店やハウスメーカーが一括で元請し、
各専門工事を下請け、孫請けに発注します。
建築主はすべてのプロセスを元請け会社に任せる方式です。

  1. 元請会社が設計から工事監理までを一括して行なうため、第三者による監理が徹底しにくい。
  2. 元請会社から、下請け・孫請けと工事が流れるため利益(コスト)が多重に乗る可能性がある。
  3. 一括請負のため、建築資金の使われ方が不透明になりやすい。
  4. 現場監理の監督はいるが、会社の利益を重視することが優先されがちである。
一括請負方式の問題点を図で説明

2.建築家だからご提供できる付加価値があります

計画段階 01

プランのご提案

工法などにとらわれず、ご家族のライフスタイルや敷地の状況に合ったプランをご提案いたします。

02

アドバイス

専門知識がなくても建築家が建築主に代わって的確なアドバイスをいたします。

見積段階 03

複数お見積

各種工事項目において、信頼できる工事会社から見積を取って比較検討することができます。

04

コスト削減

予算に合わない場合には、建築家の専門的な視点で納得のコスト削減方法をご提案いたします。

05

工事会社選定

工事会社選定も、適切なアドバイスでサポートいたします。

工事監理段階 06

品質管理

ISO9001に基づく独自のマニュアルで管理いたします。

07

工事報告

工事の段階ごとに写真付きで状況を報告、問題の発生やその解決方法までをしっかり把握できます。

08

第三者検査

建築家による検査に加えて第三者による検査も行いますので、二重の安心が得られます。

09

竣工引き渡し

竣工引き渡しは建築家が立ち合い、建築主が分からない部分まで詳細なチェックを行った上で引き渡されます。

10

品確法適用

CM方式は住宅品確法の適用外となりますが、CM・JVシステムを構築することで、住宅品確法を適用できます。

3.ご相談からお引き渡しまで、すべてのプロセスをサポート

サポートのステップ1~3

CM方式について詳しく説明を行ない、建築主が納得された上で、業務委託契約を結んでいただきます。

サポートのステップ4~6

建築家が建築主の希望をお聞きし、法規や周辺の状況などの制約事項を調整しながら、理想的な建物となるよう設計をすすめます。

サポートのステップ7~9

専門工事会社の選定と工事金額を確定する大事なプロセスです。工事会社と金額が確定すれば、建築主が直接、各専門工事会社と請負契約を結びます。

サポートのステップ10~11

瑕疵(かし)担保責任保険・工事完成システムにもとづく手続きを行います。

サポートのステップ12~15

工事が始まると、建築家は専門工事会社間を調整し、工程と進捗、コストと品質をマネジメントしていきます。
途中、第三者機関の検査を経て、最終的に建築主に引き渡された段階で、CM業務は完了します。

上記プロセスはピュアCM方式による品確法対象住宅の場合の一例です。
この他にも、お客様のご要望に応じた、様々なプロセスを組むことができます。

CM・アーキテクツ有限責任事業組合  NPO法人 住まいの情報コミュニティーCMA