ギミックデザイン 一級建築士事務所

お問い合わせはお気軽に! TEL 072-258-2275各種お申し込み・お問い合わせフォーム
トップページ いずみの家 建築事例 イベント 会社紹介

【カテゴリ】

いずみのブログ

クリニック設計 with 女性建築士

住まいと暮らしを考える 源野きさこの小さな幸せブログ

フェイスブック

スタッフ ブログ

暮らしの中の困りごとを解決

住まいとくらしの、のびのび便り

CM方式(分離発注)をご存知ですか?

メディア掲載について


金岡村コンコン日記

HOME > 建築事例 > 金岡村コンコン日記

  堺の注文住宅 ”いずみの家” 完成までの建築日記です。

《金岡村コンコン日記》 7月5日快晴の地鎮祭

  • 印刷用画面
  • 2008年8月 7日(木) 13:35 JST

施主様のご要望もあり工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願う地鎮祭を行いました

水干姿の地元の金岡神社の宮司様のお祓いです
皆さん神妙な面持ちですね
(お宮参りや七五三とはまた違った緊張感ですね)

盛砂に施主様の鍬(くわ)入れです

この後建物の中央に埋める鎮物をいただき基礎工事のさいに鎮めさせていただきました。

これから約6ヶ月間の工事の始まりです。
家が出来上がる様子をお知らせしていきます

《金岡村コンコン日記》 地盤改良工事

  • 印刷用画面
  • 2008年8月 6日(水) 13:55 JST
 

設計時におこなった地盤調査で敷地の地耐力が不足していることが分かっていたので 湿式柱状地盤改良工事をいこないました。

上の写真の機械で Φ500mmの穴を3mの深さまで
掘りました。
2軒分の合計55本でした

たくさん掘った穴に 「ハードキープP-430」 と言う
固化材を注入していきます。
表面を平らに処理したら固まるまで工事はお休みです。

 

《金岡村コンコン日記》 基礎配筋

  • 印刷用画面
  • 2008年8月 5日(火) 11:53 JST
今回は建物にとって大切な基礎の工事です。 

基礎にはべた基礎と布基礎がありますがこの物件は建築物の直下全面を板状の鉄筋コンクリートにしたべた基礎でおこないます。
べた基礎は布基礎と比べ基礎底面の面積が大きいので荷重を分散させて地盤に伝えることができまた、床下全面が鉄筋コンクリートになるので防湿対策にもなります。
 

まずは、防湿シートを敷き
コンクリートの骨組みとなる鉄筋を設計に基づきベース筋と縦筋を配筋して組みあげます。
 

次回は型枠を組んでコンクリートを打ちます
 

 

《金岡村コンコン日記》 基礎打ち

  • 印刷用画面
  • 2008年8月 4日(月) 12:02 JST
基礎工事 その2です。

まず、コンクリートを打設するために型枠を組みます
そこにコンクリートを流し込みまずは基礎のベースを造ります。
 
ベース部分の養生が出来ると立上り部分の型枠を組み
立上り部分を造ります
 
その時に基礎と土台をつなぐためのアンカーボルトも設置されました
再び養生して型枠をはずして基礎の完成です。
 

 

《金岡村コンコン日記》 土台

  • 印刷用画面
  • 2008年8月 3日(日) 10:14 JST
コンクリート基礎の天端を均し水平にできると
建物の通り芯を墨出しをしていきます

基礎に土台を取り付けます
基礎の立ち上がりを施工する際に
取り付けておいたアンカーボルトで土台を固定します
 (土台は、基礎と建物を結ぶ大切な部分なので腐食しにくくシロアリに強い桧を使いました)

 
アンカーボルト・土台の接合・柱の箇所の基礎と土台の間に基礎パッキンを入れました。
これにより土台を湿気から守り、床下の換気もはかれ、従来のように基礎を欠きこんで換気口を設けなくてもよいので鉄筋の切断や補強も必要ありませんでした。

土台の取り付けが終わったので 建て方が始まります
 

 

《金岡村コンコン日記》 建て方

  • 印刷用画面
  • 2008年8月 2日(土) 10:24 JST

快晴に恵まれ、いよいよ建て方の始まりです。

現場で使用しやすいサイズや形にあらかじめ工場でプレカットされた構造材を使います。これにより現場での作業を軽減して、建築期間を短縮出来ます。
 

土台に加工していたほぞ穴にそれぞれの柱のほぞを差し込んでいきます。
 

 レッカーで柱や梁などの構造材を吊り上げて組み上げていきます。
 

この工事の中で一番大変だけど
一番ドラマチックな一日です 

1階・2階と組あげられて家の骨組みが完成です。
これで家の大まかな形が出来上がりました


 

 

《金岡村コンコン日記》 上棟式

  • 印刷用画面
  • 2008年8月 1日(金) 14:57 JST

 

青空の下、屋根の一番高い所につける棟木も組み終わり、上棟式の日がやってきました。

工事の安全や、建物の無事を願う行事です。

棟札に、上棟年月日や施工者、設計者、お施主様のお名前などを書き、幣串(へいぐし)とともに、屋根裏に納めます。
建物の四隅の柱には、酒や塩を撒いて、建物を清めます。
儀式のあとには、お施主様より、心尽くしの直会(なおらい=宴会)をご用意いただきました。
職人さんもお施主様も和やかに飲んだり食べたり、「顔の見える家作り」に大きな力となりました。

《金岡村コンコン日記》 足場設置

  • 印刷用画面
  • 2008年7月31日(木) 23:53 JST
工事用の足場が設置され、高い場所でも安全に作業ができるようになりました。
メッシュシートが張られ、通気性を保ちつつ建物を保護し、粉塵の飛散を防止します。

 

《金岡村コンコン日記》 外壁ボード張り

  • 印刷用画面
  • 2008年7月30日(水) 23:30 JST
壁の下地となる間柱や、サッシの枠の下地が取り付けられました。
外壁の下地合板を張りました。家の外側が徐々に固められて行きます。
   

 

《金岡村コンコン日記》 サッシ取り付け

  • 印刷用画面
  • 2008年7月30日(水) 23:00 JST
壁の軸組みにサッシ枠が取り付けられました。

この日は台風が近づいており、サッシ屋さんに急いでガラスを入れてもらいました。

中がびしょぬれになっては大変です。

台風の強風に備え、建物を覆うシートもたたみました。