楽しい家づくりブログ

05 10月 2021

狭小地に住む時に、削ったほうがいい設備は?

Posted in 家づくりと健康

こんにちは。大阪府堺市で女性建築家による注文住宅・リフォームを行っている設計事務所ギミックデザインです。

ギミックデザインのある大阪府堺市や、その近隣の市などは住宅密集地も多く、土地も限られているため、狭小地にコンパクトなお家を建てる機会が多くなります。
そこで今回は、設計士の目線から、「コンパクトなお家なら、削ってもいい」と思えるものについてご紹介したいと思います

 

■ダイニングテーブル
意外かと思われるかもしれませんが、ダイニングテーブルは必ずしも必要なものではないんです。アイランドキッチンに広めのカウンターを設置し、そこで食事をすれば、ダイニングテーブルは必要ありません。

■ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットは人気の設備ですが、人が入るスペースがいる分、広さが必要な収納です。ただ、間口の広い一般的なクローゼットなら、人が入るスペースがいらないので、その分省スペースで同じ量の衣類などが収納できます。

 

■ソファー
ソファーが欲しいなら、既製品を購入するのではなく、リビングなどのサイズに合わせた造り付けのものを。ソファーの下部に収納を造ることもできるので、空間を無駄なく有効活用できますよ。

 

コンパクトなお家の場合、どうしても高密度な設計になりますので、物理的に組み込めない設備があることも…。
その取捨選択はとても大切なのですが、女性の立場から考えると、パントリーはどんなにコンパクトなお家でも取り入れて欲しいと思います。パントリーがあれば、キッチン周りがすっきりと片付き、忙しい方でも食材ストックが置けるので便利ですよ

コンパクトなお家ほど、整理整頓がとっても大切です。
狭小地にお家を建てたい方は、お気軽にギミックデザインにご相談ください。

 

07 9月 2021

水回り設備をキレイに保ち、設備を長持ちさせましょう♪

Posted in 家づくりと健康

こんにちは。大阪府堺市で女性建築家による注文住宅・リフォームを行っている設計事務所ギミックデザインです。

キッチン・トイレ・洗面台・お風呂など、お家の中には「水回り」と呼ばれる設備がたくさんありますよね。
それらのお手入れ、皆さんはどうされていますか?
毎日される方、お休みの日にまとめて掃除をする方など、いろいろいらっしゃると思いますが、設備を長持ちさせるという観点から見ると、こまめに掃除することがオススメです。

 

例えば、洗面台でお化粧をする方なら、お化粧をしたついでにガラスや洗面台の拭き掃除をすると、毎日のことなので汚れもあまり溜まっておらず、すぐにキレイになります。

キッチンに目を向けると、「油を使ったついでにコンロを掃除する」という方もいらっしゃいますし、毎晩拭き掃除をする方もいらっしゃいます。
どちらが正解という訳ではないのですが、共通してオススメしたいのが、「ご自身にとって楽な方法を見つける」ことです。

水回りの汚れに、安心して使えるセスキ炭酸ソーダなら、水に溶かしてシュッと汚れている部分に吹きかけ、しばらく放置すると汚れがきれいに落ちます。
もっと楽をしたいなら、100均などでセスキ炭酸ソーダを染み込ませたシートが売っていますので、それを利用すると使い捨てができる分、さらに家事ラクに。

今は、子育てや仕事などで忙しい方も多いので、手間が少なく、自分にとって負担が少ない方法を重視され、「コスト<時間」と考える方が多い印象です。
水回りをキレイにすると、使う時にも気持ちがいいですし、長持ちもするので一石二鳥ですね。

限られた時間で、キレイの工夫を。
また、このような皆さまの暮らしに役立つ情報を発信していきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

18 8月 2020

私たちが施工する心と体にやさしい家「KITOWA」をご紹介します

Posted in 家づくりと健康

こんにちは。大阪府堺市で女性設計士による注文住宅・リフォームを行っている設計事務所ギミックデザインです。

以前の投稿でも、私たちは心と体にやさしい家づくりを行っていることをご紹介しましたが、今回はもう少し具体的に、私たちがオススメする「KITOWA」についてご紹介します。

 

心地よい木と暮らす
無垢材は、肌に触れても体温を奪わないので心地よく、人肌に近い柔らかい素材なのでケガをしづらく安心できます。天然の木本来の香りも特徴的です。

楽しく豊かに暮らす
家は、自分が解放される、プライベートな空間であるべきです。
私たちは、お客様が意識していなかった、潜在的な要求を引き出すことで、よりお客様にとって負担のないピッタリのお家をつくります。

 

地球・家計にやさしく健康的な家
自然の恵みや原理を利用した、冬は暖かく夏は涼しい環境をつくりだすKITOWA。空気の流れを工夫し、初期費用とランニングコストを抑え、環境にも家計にも、やさしい家をつくります。

三世代で住み継ぐ家
無垢の木は、建ってから200年間強度が増し続けるといわれています。日本古来の木造建築と、新しい技術を融合させ、安全性にも配慮した住宅の建築が可能となりました。

今の自分たちだけでなく、10年後20年後…。さらには子や孫へと思い出と共に引き継げる家。
私たちが建てるKITOWAは、ライフスタイルの変化に対応できる造りで、永く住み続けられます

29 6月 2018

 整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。その⑤いらないものを減らすには? ~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

前回のブログで書いた、スマイルマーク(必要のないもの)を減らすために
は、どうしたらいいでしょうか?
 
例えば、引き出しの中のものを整理するとしましょう。
あなたは引き出しの中をどのように片付けますか?
 
ひとつひとつものを取り出していちいち思い出に浸っているうちに疲れてしま
い、結局片付けもそこそこに元に戻してしまったというような、経験をしたこ
とはありませんか?それではいつまでたっても必要のないものを減らすことは
できません。
 
 
 

19 6月 2018

整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。その④整理を始める前に ~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

あなたの家には、ものがいくつ位あると思いますか?
整理収納アドバイザーのテキストによると、一般的な家族3人暮らしのご家庭
で、家の中にあるものすべての数を数えたところ、3000~4000個位のものが
あったそうです。

これに対して、ものが多く収納しきれいないものを床の上に置いてしまってい
るようなご家庭には、5000~7000個ものものがあったそうです。

わが家は4人家族なので、4000~8000個ものものに囲まれて生活をしているとい
うことになります。数えることすら困難なくらい多くのものに囲まれて生活を
してると思うと、とても驚かされますね。

09 6月 2018

整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。その③整理ができない理由 ~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

整理ができていない部屋とはどのような部屋でしょうか?
モノがたくさんあり、散らかっている部屋が思い浮かぶと思います。

では、なぜモノが増えてしまうのでしょうか?
答えは、モノを捨てられないのに増やしてしまうからです。

モノが増えてしまう原因はいろいろありますが、私が認定講座を受けた時に一
番なるほど!!と思った原因は、「お得感に弱いから」ということです。

 

29 5月 2018

 整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。その②「整理」とは? ~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

物を整理しましょう」と言われた時に、皆さんはまず何からはじめますか?
その場に散らかっているものをひとまとめにする、いらなさそうなものを捨て
る、とりあえず他の場所に移動させる…
片付けの仕方は人それぞれだと思います。

19 5月 2018

整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。その①講義の感想~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン~

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

先日、整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。

私が受けた講座は、11人の方が参加していました。

講座が始まり最初にしたことは、講師の先生から1人1本カラーマジックが配ら
れ名札に名前を書くこと。次に隣の人とマジックを交換し、名札にイラストを
書くこと。そして自己紹介をし合うことでした。
講座中にわからない事があったら、周りに座っている人同士で助け合うための
準備だとおっしゃっていました。

次に講師の先生のあいさつがあり、講座が始まりました。
講座の内容をノートに取ろうと準備をはじめたところ、「ノートは取らないで、
テキストに直接書き込んでください。」と先生から注意がありました。
「何かを調べたいときに、わざわざノートとテキストを出してきて照らし合わせ
て調べるのは面倒臭くないですか?ノートが一冊増えるとそのノートを収納する
場所が必要になりますよ。」と、さすがのご指摘でした。

 

29 4月 2018

部屋の快適さから考えるカーテン選び。遮熱カーテンの性能や特徴。~ 大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

前回のブログでは、遮光カーテンにより快適な住環境を得る方法について書き
ましたが、今回は遮熱カーテンによる環境作りについて書きたいと思います。

皆さんは遮熱カーテンを知っていますか?
遮熱カーテンとは字のとおり、室内に入る熱を遮ることを目的としたカーテン
です。遮熱カーテンは、温度上昇の原因となる「赤外線」をカットするように作られ
ており、

①セラミック粒子を練りこんである糸で編んだカーテン
②裏側の糸の表面にステンレスの粒子を蒸発させて付着させたカーテン
③アルミフィルムを糸状にして生地に織り込んだものを裏地にしたカーテン
④光沢のある糸で反射させてるもの(ミラーレス等)

、大きく4つのタイプに分けることができます。
①のタイプが最も遮熱効果が高く、次いで②③④の順になっています。
遮熱効果の高いカーテンほど密度が高く厚手になり、光を通しにくくなってし
まうのでカーテン選びには注意が必要です。

19 4月 2018

部屋の快適さから考えるカーテン選び。遮光カーテンの性能や特徴。~ 大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

部屋に掛けるカーテンの種類や機能により、部屋の中の環境は大きく変わると
いうことを知っていますか?

カーテンといえば、厚手の生地を使ったドレープカーテンとレースを組合わせ
たイメージが一般的です。しかし最近は、遮熱・断熱・遮光効果の高い生地も
開発されており、お部屋の用途や環境に合わせてカーテンを選択することで、
より快適な住環境を手に入れることができます。

09 4月 2018

窓の種類で住宅は変わる~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

住宅において、窓はとても大きな役割を担っています。
窓の種類や大きさ、取り付ける位置によって、住みやすさや快適さ、住宅の外
観は大きく変わります。

窓というと、多くの人が引違い窓を思い浮かべると思いますが、引違い窓は
日本独自の開閉方式で、海外ではあまり使われていません。

29 3月 2018

照明と健康の関係。部屋に合わせて明かりを選び、快適な生活を~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

疲れているのに寝つきが悪い、眠りが浅くて長い時間寝ても疲れが取れない、
毎日よく寝ているのに昼間に眠くなるという方は、一度部屋の照明について
見直してみてはいかがでしょうか?

照明には、大きく分けて「電球色」「昼白色」「昼光色」の3つの色がありま
す。それぞれの色の特徴は、

〇電球色…温かみのあるオレンジ色っぽい光。リラックス効果があるのでリビ
       ングや寝室など、くつろぎ重視の部屋に最適。
〇昼白色…昼間の太陽のような自然な明るさ。洗面所、キッチン子供部屋など
       に最適。
〇昼光色…明るく爽やかな青白い光。勉強や細かい作業をするスペースに最適。

クールな印象の部屋にしたいのならば昼光色、自然な光を求めるのなら昼白色、
暖かさを感じたいのならば電球色がおすすめです。

 

19 3月 2018

省エネに対する日本の考え方は諸外国から30年遅れている~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

先日、ATC輸入住宅促進センターが主催の「ドイツ基準のパッシブハウスに学
び関西のエコハウスをつくるには」という講習会に出席しました。
その講習会で、日本の省エネに対する考え方が諸外国から30年も遅れていると
いうことを学んできました。

皆さんは再生可能エネルギーという言葉を知っていますか?
再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱その
他の自然界に存する熱、バイオマスなどの「エネルギー源として永続的に利用す
ることができると認められるもの」です。

 

 

09 3月 2018

明るい家をつくるには?少しの工夫で快適な住まい。~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

家を新築したり、リフォームをする時に、あなたはどんな家をつくりたいで
すか?
太陽の光が降り注ぐ明るい家がいい、落ち着いた雰囲気でプライベートの守
られている家がいい、などと人それぞれたくさんの考え方があると思います。

今回は、明るい家に住みたいと思っているけど、隣家が近くに迫っていたり、
人通りの多い道路に住宅が接しているなどの理由であきらめている方に、明
るい家を手に入れる工夫を教えたいと思います。

 

28 2月 2018

家づくりから考える花粉症対策~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

春が近づきだんだん暖かくなってきましたね。
暖かくなってくると同時にスギ花粉が飛散し、花粉症の方には、憂鬱な季節が
やってきます。一日中目がかゆかったり、鼻水が止まらなかったりする毎日は
本当に大変です。

今回は家づくりの観点から花粉症対策を考えてみましょう。

花粉症はご存知の通り、スギなどの花粉が原因となって起こるアレルギーの一
種です。スギの他にもヒノキ、イネ、ブタクサなど約50種類の植物が花粉症を
引き起こす植物とされています。


家の中で花粉症の症状を抑えるためには、家の中に花粉を持ち込まないようにす
ることが大切です。
玄関に入る前にはコートや上着をよく払いましょう。コートや上着は、なるべく
居室内に持ち込まないようにするために、玄関にコートを置けるスペースを設け
ましょう。シューズクロークの中にスペースを設けるのもいいですし、スペース
がない方はコート掛けを壁に取付けるのも有効です。
写真は、フェルトでできた壁付けのフックです。3kgまでのものが掛けられるそう
です。

 

 

[12  >>