楽しい家づくりブログ

19 6月 2018

整理収納アドバイザー2級認定講座を受けてきました。その④整理を始める前に ~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

あなたの家には、ものがいくつ位あると思いますか?
整理収納アドバイザーのテキストによると、一般的な家族3人暮らしのご家庭
で、家の中にあるものすべての数を数えたところ、3000~4000個位のものが
あったそうです。

これに対して、ものが多く収納しきれいないものを床の上に置いてしまってい
るようなご家庭には、5000~7000個ものものがあったそうです。

わが家は4人家族なので、4000~8000個ものものに囲まれて生活をしているとい
うことになります。数えることすら困難なくらい多くのものに囲まれて生活を
してると思うと、とても驚かされますね。

ものがたくさんあると、以前のブログで書いたように、時間的・経済的・精神
的に大きなロスができてしまいます。

ものを減らして機能的で快適な生活をしたいと思っていても、整理をするのが
面倒くさいとか、時間がないとか、性格が整理整頓に向いていない等の言い訳
をし、整理をしてこなかった方たちも多いと思います。
しかし、整理ができない原因はもっと別のところにあるそうです。

なぜ、整理ができないのなのかでしょうか?
整理収納アドバイザーの認定講座では部屋の中に「スマイルマーク」があるか
らだと、教わりました。
「スマイルマーク」とは「収納の中にある必要ではないもの」です。
必要ではないのものなのに「スマイルマーク」という呼び方をするのは、「負
の影響を持つ悪玉を逆のイメージにすることでより強く認識させる」ためだそ
うです。
しかし、単純に「整理をできない人間たちをあざ笑っている」なんてとらえか
たもあるそうです。かなり皮肉な感じですね。

では、どうすればその不必要なものを減らすことができるのでしょうか?

それは次回のブログで書きたいと思います。

整理収納でまず初めにするべきことは、「必要なもの」と「不必要なもの」の区別をつけることです。

あなたは簡単に区別がつけられますか?

 

FURUTA

 

自然素材を使った暖かい木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅 耐震 クリニック 新築リフォーム 相談 設計
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市