楽しい家づくりブログ

21 6月 2018

大壁と真壁~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 建築はおもしろい

昔の日本の家は、「柱の傷はおととしの…」と歌われるように、
柱ほぼが見えていました。

しかし最近の住宅は、ほとんどが柱を隠すつくりになっています。

柱を見せるつくりを大壁、隠すつくりを真壁といいます。
これらはそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

大壁

大壁は、柱の外側にボードを張っていく方法で、
施工が楽で、配線なども隠せてプランの自由度が高くなり、
新築の建築費用は割安ですみます。
また、洋風のすっきりとした見た目になります。

真壁

真壁は、柱と柱の間にボードなどの壁材を張っていくため、
施工の手間がかかり、また、配線経路などにも配慮が必要で、
柱材も見えるため化粧材を使うので、建築費用は割高になります。
見た目は、木が見える割合が多く、和風に近い自然な印象です。

 

家のメンテナンスと大壁・真壁

メンテナンスの面からは、大壁の場合、柱などの構造材の状態が、
壁をめくってみないとわかりませんし、
木が隠れていて、その調湿作用はあまり期待できません。

真壁の場合は柱の状態がいつも見えているので安心で、
また、露出しているため、柱が湿気りにくく、
木の調湿作用も期待できるという利点があります。

高温多湿の日本では、真壁は理にかなっていた工法と言えるでしょう。

 

byもったいないおばさん 

自然素材を使った暖かい木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅 耐震 クリニック 新築リフォーム 相談 設計
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市