楽しい家づくりブログ

09 9月 2020

日本人の子ども部屋は無難すぎる!?個性のある部屋づくりのススメ

Posted in 楽しい家づくり

こんにちは。大阪府堺市で女性建築家による注文住宅・リフォームを行っている設計事務所ギミックデザインです。

 

家づくりに携わる者として、世界各国の家はどんな家なんだろう…と常々気にかけています。

ドイツやアメリカを訪問した際には、実際に一般的なご家庭に足を運び、その家づくりを見せていただいたこともありました。

そこで感じたのは、「日本人の子ども部屋は無難すぎる」ということです。

 

 

例えば、アメリカのとあるお宅では、家全体がウエスタン調で統一され、子ども部屋もウエスタンな雰囲気で溢れていました。

ドイツのお宅では、お子様の好きなカラフルな壁紙を使って、見ているだけで楽しい子ども部屋で、お子様がのびのびと遊んでいました。

 

一方日本では、「大きくなったら飽きてしまうから」「色の好みが変わるから」といった理由で、白を基調とした壁紙が人気です。

「飽きのこないデザイン」と、「無機質な家」はイコールではありません

特に子ども部屋などのプライベートルームは、お子様の好きな色の壁紙を使い、生の色や素材に触れ合うことで、感性も養われると私たちは考えています。

 

以前建てたお家のお子様で、お茶を習っていて、お抹茶が大好きな男の子がいました。

そのお子様が選んだのは、大好きな抹茶色の壁紙。

ピンクが大好きなお姉さんはお洋服もピンクが多く、壁紙にはやはりピンクを選びました。今でもお気に入りだそうです。

 

 

意外と成長しても、好きな色は好きですし、大人になってピンクの壁紙の部屋でも、好きな色に囲まれた暮らしは楽しいものです。

子ども時代に培われた感性は、大人になってからもさまざまな場面でプラスになることでしょう

 

子ども部屋を造る際は、お子様の意見も取り入れて、カラフルで楽しいものにしてみてはいかがでしょうか。