楽しい家づくりブログ

24 8月 2021

ペットあるある|家の中にある猫ちゃんとの暮らしで気を付けたい場所

Posted in 住まいと暮らし

こんにちは。大阪府堺市で女性建築家による注文住宅・リフォームを行っている設計事務所ギミックデザインです。

近年のペットブームの盛り上がりもあり、弊社でも“キャットタワー”を提案させていただくなど、猫を飼われる方が増えています。自由気ままな猫は、人間が行くところは全部、自分も行ってもいいと思っているので、どこにでもついてきます。

 

その中でも、特に注意していただきたいのは、キッチン
何にでも敏感な猫ですが、何故か火と熱さには鈍感なのです。お鍋を覗いたり、コンロに近づきすぎて、ヒゲを焦がしたり、しっぽがチリチリになってしまったりというのはよく聞く話です。

他にも、上に登りたいという習性がある猫にとって、電子レンジや冷蔵庫の上はお気に入りの場所。そこに登るために調味料や食器を落としてしまうということもあるので、そういったものは、念のため戸棚や引き出しの中にしまっておく方がよさそうです。

犬の場合は、ゲートを置いておくと、その場所に侵入することはなさそうですが、猫はジャンプができるのでゲートを置いて防ぐのは難しいかと思います。
なので、キッチンに猫を入れないようにするには、そもそもLDKに入れないか、キッチンだけを独立させるかの二択になります。

 

「ペットと暮らす」と言っても、犬と猫では性質も違うので、家づくりにおいても差がでてきます。
また、昔からペットと暮らしている方なら当たり前のことでも、初めてペットを迎えるご家庭からすると、想像もしなかったという場面がたくさんでてくるのは当然のことです。
弊社ではそのようなことも考慮した設計をし、家族の一員であるペットも住みやすいお家になるように配慮しています