楽しい家づくりブログ

05 10月 2021

狭小地に住む時に、削ったほうがいい設備は?

Posted in 家づくりと健康

こんにちは。大阪府堺市で女性建築家による注文住宅・リフォームを行っている設計事務所ギミックデザインです。

ギミックデザインのある大阪府堺市や、その近隣の市などは住宅密集地も多く、土地も限られているため、狭小地にコンパクトなお家を建てる機会が多くなります。
そこで今回は、設計士の目線から、「コンパクトなお家なら、削ってもいい」と思えるものについてご紹介したいと思います

 

■ダイニングテーブル
意外かと思われるかもしれませんが、ダイニングテーブルは必ずしも必要なものではないんです。アイランドキッチンに広めのカウンターを設置し、そこで食事をすれば、ダイニングテーブルは必要ありません。

■ウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットは人気の設備ですが、人が入るスペースがいる分、広さが必要な収納です。ただ、間口の広い一般的なクローゼットなら、人が入るスペースがいらないので、その分省スペースで同じ量の衣類などが収納できます。

 

■ソファー
ソファーが欲しいなら、既製品を購入するのではなく、リビングなどのサイズに合わせた造り付けのものを。ソファーの下部に収納を造ることもできるので、空間を無駄なく有効活用できますよ。

 

コンパクトなお家の場合、どうしても高密度な設計になりますので、物理的に組み込めない設備があることも…。
その取捨選択はとても大切なのですが、女性の立場から考えると、パントリーはどんなにコンパクトなお家でも取り入れて欲しいと思います。パントリーがあれば、キッチン周りがすっきりと片付き、忙しい方でも食材ストックが置けるので便利ですよ

コンパクトなお家ほど、整理整頓がとっても大切です。
狭小地にお家を建てたい方は、お気軽にギミックデザインにご相談ください。