楽しい家づくりブログ

29 4月 2018

部屋の快適さから考えるカーテン選び。遮熱カーテンの性能や特徴。~ 大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 家づくりと健康

注文住宅 リフォーム

前回のブログでは、遮光カーテンにより快適な住環境を得る方法について書き
ましたが、今回は遮熱カーテンによる環境作りについて書きたいと思います。

皆さんは遮熱カーテンを知っていますか?
遮熱カーテンとは字のとおり、室内に入る熱を遮ることを目的としたカーテン
です。遮熱カーテンは、温度上昇の原因となる「赤外線」をカットするように作られ
ており、

①セラミック粒子を練りこんである糸で編んだカーテン
②裏側の糸の表面にステンレスの粒子を蒸発させて付着させたカーテン
③アルミフィルムを糸状にして生地に織り込んだものを裏地にしたカーテン
④光沢のある糸で反射させてるもの(ミラーレス等)

、大きく4つのタイプに分けることができます。
①のタイプが最も遮熱効果が高く、次いで②③④の順になっています。
遮熱効果の高いカーテンほど密度が高く厚手になり、光を通しにくくなってし
まうのでカーテン選びには注意が必要です。

厚手のタイプの遮熱カーテンを使用すると昼間でも部屋が暗くなってしまいま
す。このようなカーテンは、日中は外出していて夜間に帰宅する方にはおすす
めです。
日中は太陽光を高密度な遮熱カーテンがブロックしているため、夜間帰宅した
時の部屋の熱さによる不快感を和らげることができます。
また、西日のきつい時間帯のみカーテンを閉めて対応するという使い方も効果
的です。

日中、部屋で過ごす時間が長い方や休日は部屋で過ごすことの多い方には、レ
ースタイプの遮熱カーテンがおすすめです。
遮熱効果自体は低くなりますが、明るさや風通しなどの面でメリットがありま
す。
また、ミラーレス機能のあるカーテンは、外から見ると中が透けないで見えな
くなります。

取り付けるカーテンにより、いろいろな快適さを手に入れることができます。
自分の生活スタイルに合ったカーテンを選び、より快適な住宅を手に入れま
しょう。

FURUTA

 

自然素材を使った暖かい木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅 耐震 クリニック 新築リフォーム 相談 設計
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市