楽しい家づくりブログ

24 1月 2018

家が寒いから冬は嫌い! さむ~いお風呂の体験はなし ~大阪堺市注文住宅・リフォームなら女性建築設計のギミックデザイン

Posted in 楽しい家づくり

 家が寒い! 

どこが?  トイレ・お風呂 ではなく全部が寒いのです。

朝が氷点下と天気予報、

家の中も負けじと低温、廊下なんて外気と変わらない程の寒さです。

布団から出たくない、手を出すとやっぱり寒い・・もう少しもう少し。


こんな寒い家にお住まいの方、

結構いらっしゃるのではないでしょうか。


==とりわけ今回は 「お風呂」 あの恐怖の寒さ 体験話です==

 

 

家が寒いのは 冬はこんなもんだと思っていました。

たくさん着込んで暖房をつけて寒さをしのいでいましたが、

なんたって女性にとっては床の冷たさが体に応え、

分厚いソックスにモコモコスリッパ。

この寒さに耐える、ガマン強い日本人のなせる技?

それとも 気持ちの持ちよう・・・ かもしれませんが、

決して体には良くありません。



では 恐怖の寒さの「お風呂」の話

タイル張りのお風呂、寒い


湯につかっている時だけ暖かくて良いのですが、

顔が冷えてとにかく湯船から出られないのです。

顔で感じる冷たさが洗い場にいるとどうなるかを

暗示しているので出たくないのです。


体を洗ってる間に冷えてきて寒くて途中で湯に入ります。

髪を洗う時は

湯船に半身つかりながら身を乗り出して髪を洗うのです。

すべらないように踏ん張りながら身を乗り出す

結構大変です。

洗い場でする時は、シャワーを体に当てつづけながら

髪を洗っても、洗ってる髪が冷たくなってきます。


もう冬はお風呂入りたくない!


浴室暖房機 を付けましたがタイル張りの床や壁が

冷えきってるので快適な暖かさには程遠いのです。

 

あたたかいお風呂に入りたい 切なる願いです。

 

・こんな楽しくないお風呂では体が休まらない。
・両親が浴槽をまたぐのが高くて怖いと言い出した。

と言う事で

お風呂をユニットバスにリフォームしました。

 

浴室暖房機がこんなにあたたかいとは、利き方が違います。

また、翌朝になっても浴槽の湯はまだあたたかいので

断熱が効いてるのを実感しています。


お金のありがたさを200%感じた 

念願の 「あったかバスタイム」 が実現しました。

気持ち良すぎて ウトウト するのが難点。

 

源野 吉佐子 

 

自然素材を使った木の家、高断熱省エネでヒートショック防止
おしゃれなキッチンリビング収納快適で健康な家づくりを
女性建築家を中心とした女性スタッフがサポートします
建築費用の透明性 注文住宅設計 クリニック 新築リフォーム相談
大阪 堺市 松原 高石 大阪狭山市