楽しい家づくりブログ

12 10月 2021

3階建てと地下室、造るならどっち?それぞれのメリット・デメリットとは

Posted in 楽しい家づくり

こんにちは。大阪府堺市で女性建築家による注文住宅・リフォームを行っている設計事務所ギミックデザインです。

限られた土地などに家を建てる場合、3階建ての家を建築する方は多いのですが、弊社のお客さまの中には、地下室を造る方もいらっしゃいます。
3階建てと地下室には、それぞれメリット・デメリットがありますので、ご自身に合った方を選んでくださいね。

 

地下室のメリット・デメリット
1階のリビングを中心に間取りを考えた時に、2階の居室、地下のスペースなどへの上り下りがスムーズなのがメリット。
また防音効果が高いため、ピアノやドラムなど音楽を楽しんだり、ホームシアターを造ったりと、音量を気にせず暮らせるのも人気の理由です。
ただし、居室にするには窓が必要になりますので、詳細はお問い合わせください。

 

3階建てのメリット・デメリット
1~3階までの各階に、太陽の光が入るのが3階建ての一番のメリットかもしれません。
3階まで上がるのも、慣れるとそこまで苦にならないという意見もあり、実際お客さまから3階建てだからといって、暮らしにくいといったご感想はありません。
ですが、3階まで上がるのが気になる方がいるのも事実ですので、その点はデメリットとも言えるでしょう。

資金面では3階建てと地下室、どちらがお得かは一概に言えません。資金面で検討するよりも、暮らす上での利便性や目的によって、どちらにするか決めていきましょう。